Monthly Archive 1月 2019

生涯現役

おまねき会@みどり保育園

みどり保育園の園児たちが日頃の学習をおじいちゃんやおばあちゃんにも見てもらおうと一生懸命に練習したお遊戯や音楽の発表会があり、
来賓として幕間にご挨拶させていただきました。

働くお父さんやお母さんだけでなく、
三世代のつながりも重要です。

子どもたちとの触れ合いが多いほど、
笑顔の回数が増加し、
認知症が予防できるとも言われています。

少子化が進む姫路ですが、
もっともっと子どもを産み育てやすい町になるような政策を実行していきます。

ふれあいサロン@城陽校区北条公民館

地域のコミュニティサロンで新春のご挨拶をさせていただきました。

城陽校区にある城陽江尻病院で15年間、
外来診療を担当させていただき、地域の医療健康活動を通じて、
この地域の問題点を垣間見てまいりました。

独居の方々が増え、
孤独死など核家族化による諸問題がありますが、
皆さんが一堂に集うコミュニティスペースをもっともっと使いやすく、
バリアフリー化も推し進めていきたいと思います。

姫路を生涯現役と健康長寿のユートピアにするのが、私の理想です。

ミニ集会@大西邸

久々に地元に帰って来た22歳の仲良し同級生が、
市長候補の話が聞きたいとミニ集会を開催していただきました。

自分の息子や娘よりも年下の22歳の若者たちとの会話から、
この町の少子化が進む原因の一端が見えたような気がします。
仕事のこと、将来のこと、恋人のこと、
いろんな悩みを持ちながら成長するのが人生。

せめて行政で将来に向けて明るい輝く未来を照らすような政策を提示し、
もっともっと若者が夢を語れる町づくりを進めて行きたいと思います。

これからも皆さんのもっとをお聞かせください。

船場校区ふれあいとんど祭り

姫路の船場はマンションも立ち並ぶ街中の人口密集地ですが、
正月飾りを天にお返しするとんど祭りが地域のイベントとしてしっかり根付いていました。

マーチングバンドの演奏、
地域の子ども会を中心とする餅つき大会、
消防の方々の献身的な待機など、
地域に支えられての楽しい正月行事となっています。

姫路のコミュニティー活動ををもっともっと応援していきます。

大津・南大津ソフトボール同好会ご挨拶

新年あけてソフトボールを楽しむ高齢者の方々の練習を見学し、
ご挨拶をさせていただきました。

平均年齢がゆうに70歳を超える集団でありながら、
すごい球速の球を投げるピッチャー、
恐る恐る年齢を聞いてみると74歳!私も子供時代からソフトボールや草野球に興じておりましたので、
キャッチャーとして投球を受けてみました。

素晴らしい球が繰り出され、
ライジングボールやシュートなど、
受けてみてこれは打てないな、って実感しました。

生涯現役はここにもありました。

もっともっと健康長寿の取り組みを応援していきます。

Tags,

もっともっと安全安心な町づくり

街頭演説@姫路市役所前

姫路の行政を支えられている3,800人もの姫路市職員の方々にご挨拶も兼ねて、
市役所前で街頭演説をさせていただきました。

多くの方々が私の政策に興味を示していただき、
用意した300枚のチラシは全て無くなってしまいました。

街頭演説を聞いて、
あとでチラシを取りに来られた方には、
何も配布できなかったので、
名刺と握手だけですみませんでした。

優秀な職員の皆さまとしっかりと連携して、
もっともっと市民に愛される姫路に進化させていきます。

清住ゑびす祭り@飾東町清住

姫路市の東端に位置する清住には古くから大歳神社と恵比寿様が祀られており、
家内安全、商売繁盛、大願成就のご加護が知られております。

私にとっては子どもの頃から、
秘密基地を作って遊んだ裏山でもあります。

極寒の清住での神事ではさすがに足も手もかじかみましたが、
ふるさとの味が染み込んだ生姜たっぷりのおでん(関東煮)をいただいて、
しっかりと温まることができました。

今年は勝負の年、地元の方々としっかりと力を合わせて、出陣します。

新春防災講演会@立正佼成会

立正佼成会の新春の集いで、
防災の講演依頼があり、30分、
会員の皆さまに東日本大震災の現場での状況、
急性期の復旧、そして町の創造的復興に関して、
自分の経験を踏まえてお話しさせていただきました。

ハザードマップに関しても、
想定外の出来事も踏まえて、
地域や団体での検証と使えるマニュアル作りなど、
実地的なお話をさせていただきました。

清元は常に現場主義、
机上の空論で話はしません。

もし、こんな話でよければどこでも呼んでください。

もっともっと安全安心な町づくりを進めていきます。

姫路駅前小溝筋商店街振興組合役員会

姫路駅東口から伸びる子溝筋商店街の駅前町の役員会の皆さまと商店街の振興策について、
意見交換会を開催致しました。

大手前通りやみゆき通りだけでなく、
横丁感覚の面白いお店がたくさんあり、
これからの地域振興には重要なエリアだと思っています。

観光も国際化が進んでいますが、
何か掘り出し物を探し出すような探検ができるワクワクする商店街振興策を考えています。

清元は現場の方々のご意見から、
新しい姫路の魅力をもっともっと発信していきたいと思っています。

連合姫路地域協議会新春の集い

姫路を支える労働者の皆さんが一堂に集い、
新年のご挨拶と本年の活動についてお話する機会をいただきました。

4期16年の石見市政をしっかりと受け継ぎ、
働く環境改善、
しっかりとした少子高齢化対策など、
私の決意も述べさせていただきました。

もっともっと人を大切にする政治で、
姫路の町づくりに取り組みます。

Tags,

もっともっと教育問題を深く掘り下げる

神姫バス労働組合新春旗開き

地域住民の足を守る神姫バス労組で、
新春の旗開きが行われました。

働く皆さんの一致団結の願いを込めて、
私も精一杯、お餅をつかせていただきました。

一粒一粒のもち米が皆さんのかけ声とともに、
粘り強いお餅となっていきました。

神姫バス労組の方々としっかり連携して、
もっともっと元気なまちづくりに邁進します。

わたまちキッズクリニック訪問

姫路の病児保育の現状を見学するために、
綿町にある「わたまちキッズクリニック」に柏原院長先生を訪ね、
現場のご苦労、今後の課題などをしっかりお話しを聞かせてもらまいました。

働く子育て世代をしっかりと応援することは、
人手不足の地域にとって大切な政策です。

もちろん、病気の時ぐらい子どものそばで看病のために仕事を休めるような働き方改革も重要ですが、
私も救急医をしていた時は急に休めない状況で、
病児保育があればと、思ったことでした。

それだけに、働く人たちに病児保育というバックアップがあることは、
今後の少子化対策としても非常に重要と考えています。

今は、柏原院長やスタッフの献身的な働きによってなんとか支えられている病児保育ですが、
もっともっとその定員が拡大できるように支援をしていきたいと考えています。

わたまちキッズクリニック
〒670-0921 姫路市綿町83番地 わたまちこどもビルディング2F
TEL.079-223-8989
http://watamachi-kids-c.ne.jp

ミニ集会@姫路こども劇場(延末)

姫路の子どもに素晴らしい演劇や人形劇などを提供する姫路子ども劇場のスタッフや協力者の方々と、教育や子どもの未来について語り合うミニ集会を開催しました。

子ども劇場で使っているウイッグを被らせていただき、
皆さんの日々の活動の一端も垣間見ることができました。

勉強やスポーツだけでない子どもの評価指標や不登校問題、
過疎地の小学校の統廃合など、
多岐にわたる教育問題を話し合いました。

もちろん、そんな簡単に結論が出るわけでもありませんが、
これからも幅広い意見をお聞かせいただいて、
政策づくりに反映できればと思います。

清元はもっともっと教育問題を深く掘り下げていきます。

Tags,

10年先のまちづくり

朝の街頭演説@旧城北幼稚園前

城北校区で朝の街頭演説をさせていただきました。

早朝の通学路を地域の方々が見守る中、
少子高齢社会における私の政策を多くの方に聞いていただきました。

小学生から高校生まで元気に通学できるのも、
そこを支える地域の皆様の献身的な働きがあってのことです。

清元は地域の皆様と町の安全のためにもっともっと働きます。

梶原鉄工所仕事始め

飾磨区ので梶原鉄工所の新年仕事始めにお呼びいただき、
ものづくりの現場で活躍されている皆様にご挨拶に上がりました。

大きな輸出用のプラントなど、
世界に通用する技術力で躍進する姫路の代表的なものづくりの現場を見せていただきました。

ものづくりの現場で働く皆様の努力や頑張りが、
姫路の工業を支えています。

もっと人を大切にする行政で、
働く皆様のバックアップを行なっていきたいと思います。

株式会社梶原鉄工所
〒672-8057兵庫県姫路市飾磨区恵美酒441
TEL.079-235-6151
FAX.079-234-5914
http://www.kajiwara-ltd.co.jp

八重畑老人会新春事始め

春日神社のそばの薬師堂で、
八重畑地区の新春事始めがあり、
ご挨拶させていただきました。

過疎地域をいかに存続させていくか、
特に地域の少子化対策に多くの皆さんと意見交換しました。

単に言葉だけで、「小学校の存続」をお約束できませんが、
この問題に正面から向き合っていくつもりです。

どうすれば地域の人口が維持できるのか、
過疎の小学校で未来の夢と希望を持った子どもたちが増えていくのか、
真剣に地域の方々と話し合わなければなりません。

こどもが少ないので、
転校しますと、
ただでさえ少ない生徒が、
一人、また一人と転校していく現実を踏まえて、
10年先のまちづくりと合わせて、
小学校区の在り方も考えていきたいと思います。

もっともっと子どもが増えていくような根本的な政策をなるべく早期に実施していきます。

ミニ集会@前田邸(保城)

新年最初のミニ集会は保城の前田邸から始動しました。

参加者の方々より、
災害時の避難場所や帰宅困難者救済に関する質問など、
昨年の日本列島を襲った災害に対する姫路市の防災対策についてのご質問が相次ぎました。

想定される災害は対応できても、
予想もできないような災害が各地で発生しているので、
短絡的なハザードマップの妄信よりも、
地域自治会での検証や迅速な情報発信と臨機応変できる組織づくりなど、
私が東日本大震災で経験した話もふまえて姫路での減災対策などをお話ししました。

防災対策にいくらお金をかけたとしても十分ではありません。

むしろ、減災の観点や早期の復旧に向けた柔軟な対応、
そして何より平時でも使える防災インフラの整備などが重要だとご説明しました。

もっともっと安心安全なまちづくりを進めて、
災害に強い姫路に発展させていきます。

Tags,

もっともっと健やかな発展を目指して

新春の街頭ご挨拶

播磨国総社で必勝祈願祭を行った後、
総社の参詣口で新春のご挨拶と新年の決意を表する街頭演説をさせていただきました。

多くの市民の皆さんから激励のお言葉を頂いて、
決意新たに姫路のもっともっと健やかな発展を目指して、
猪突猛進いたします。

本年もよろしくお願いいたします。

兵庫県臨床検査技師会新春セミナー@神戸商工貿易センター26F会議室

兵庫県で医療を現場で支える臨床検査技師の皆様に、
大災害における災害救急医療のあり方、
子どもや高齢者、障がい者の方々をどう避難させるか、
検査技師の方々に災害時避難所でのDVTスクリーニングの重要性など、
小一時間、講演をさせていただきました。

自衛隊の方々との共同作戦や肺塞栓症の予防と治療など、
自分の経験を踏まえて、
実地医療経験を共有させていただきました。

講演を聞いていただいた方々から、
単なるマニュアルの盲信ではなく、
現場で使えるマニュアルへのブラッシュアップの重要性がわかったと、
ポジティブなコメントを多数いただきました。

今年も清元は常に現場主義で、
平時にも使えるユーティリティの高い防災対策に注力していきます。

日東社経営計画発表会記念講演会

創業から100年以上の歴史のある日東社からご招聘いただき、
これまでの半生での人生を振り返って、
自分の信条やこれからのまちづくりについて1時間、
講演させていただきました。

姫路での少年時代、大学、留学、
そして被災地での経験など、
自分の人生は順風満帆ではなく、
常に波乱万丈でした。

それでも、一度も逃げず、
迷ったら自分で正しいと信じたことを一生懸命に行ってきただけでした。

何も得なこともありませんでしたが、
人生は損得ではなく、
自分が人の役にたっているという充実感を求めて仕事をしてきたように思います。

今日の講演がどれほど日東社の関係者にお役に立てたかどうかわかりませんが、
一期一会の精神で精一杯お話しさせていただきました。

清元は、姫路の未来のためにもっともっと役立つ人間になりたいと日々、研鑽しています。

ことぶき会新春の集い@ホテルサンシャイン青山

町の皆さんが学ばれている歌謡塾の新春発表会が開催され、
松本代議士、石堂市会議員とともに来賓としてご挨拶させていただきました。

多くの人たちが楽しまれているカラオケは、
日本で発明され、KARAOKEと言えば今や世界の文化として認知されています。

大きな声を腹式呼吸で発することは、
健康増進にも繋がります。

健康寿命をもっともっと伸ばせるようなスポーツやレクリエーションをしっかりと応援していきたいと思います。

新春のご挨拶@ノアインドアステージ青山ブルーマウント校

市民の健康増進に寄与されているノアインドアステージ青山校の皆さんに、
新春のご挨拶に上がりました。

テニスはもっとも寿命が延びるスポーツとして、
科学的に証明されています。

私も若い頃、
仲間たちとレクリエーションとしてよくテニスをしましたが、
今回、皆さんと一緒に軽くサーブとストロークを打たせていただきました。

このお正月で55才になりましたが、
自分の身の丈に合わせてできるのもテニスの良いところかもしれません。

錦織圭さんが久しぶりにツアー優勝されましたし、
大坂なおみ選手のメジャー優勝で盛り上がっているテニス会です。

テニスは健康増進の生涯スポーツとして、
また、障がい者スポーツとして注目される車椅子テニスでは、
国枝選手はじめ多くのトッププレイヤーも活躍されています。

テニスに限らず、
子どもからお年寄り、障がい者までが楽しめるスポーツの振興のために、
現場に足を運びますので、
色々な団体の方、
ぜひスポーツの現場に私を呼んでください。

Tags,

【謹賀新年】清元ひでやす、新年のごあいさつ

2019年明けましておめでとうございます。
新年のご挨拶と共に本年の決意を述べさせていただきます。

※Youtubeでの動画になります。音声が出ますのでご注意ください。

後援会へのお誘い

清元ひでやすの姫路に対する思い・考えを、より多くの皆さまに身近に知って頂くために、また、清元ひでやすとの交流を深めて頂くために、当会を運営させて頂いております。 ぜひ、当会へご入会頂き、清元ひでやすと一緒に姫路をもっともっと元気にしてみませんか? 入会申込フォーム

清元ひでやす後援会事務所

〒672-8048
姫路市飾磨区三宅1-192
田中興産ビル1F 102号室
TEL. 079-226-0770
(9:00〜18:00)