Author Archive 事務局員

【第4話】清元秀泰のふるさと姫路への思い(4)

勉強も運動も人一倍努力して、常に人の良いところを探すリーダーになりたい

清元家の第三子で長男、田舎の跡取り息子の私には、忙しい両親に代わり、ウツミさんという初老の男性がそばにいました。父が経営する紳士服店の経理部門にいる痩せっぽちで小柄なおじいさんでした。車の運転もできないし、子供心に当初は机に座って新聞を読んでいるだけの留守番の人と思っていました。
そんなウツミさんでしたが、私の教育係として折に触れ、新聞の政治記事や本の解説をしてくれました。ある時、屋根裏で見つけた地元の誉、清瀬一郎先生の著書「秘録東京裁判」を解説してくれました。極東軍事裁判でA級戦犯として絞首刑になった東条英機の主任弁護人だった清瀬先生。「戦争犯罪を戦勝国だけで裁くことが正義なのか」と堂々と主張され、後に、衆議院議長になられた清瀬先生。日米安保条約を可決するための強行採決で、足首を骨折されながらも議長席に立った武勇伝も聞かされました。清瀬先生の信奉者で、地元秘書を務めていたのが父、清元功章でした。
県議選の最中、4月初旬、私は自宅に来た人を和ませようと、ちょうど満開の桜の大枝を折り、大きな花瓶に飾りました。それを見た父が、「桜折るバカ、梅折らぬバカ」と烈火のごとく怒りました。桜の枝は折ると、そこから新たな枝は生えて来ず、病気になって枯れてしまうこともあると、知りました。怒った父にウツミさんは、「優しい気持ちでした行動を叱責するべきでない」と、かばってくれました。度の付くお調子者だった私ですが、ウツミさんは人を責めるより、良いところを見つけて褒めてくれる人でした。そして「正しい知識が無いから誤った行動を取ってしまう。勉強して、本当に尊敬されるリーダーを目指してください。」と諭してくれました。それから、私は勉強も運動も人一倍努力して、常に人の良いところを探すリーダーになりたいと思うようになりました。至誠惻怛の精神で行動する原点は、ウツミさんから教えてもらいました。

ウツミさんとの別れ

ある日、インドから姉の友人が美しい緑翠色のサリーという民族衣装を着て、来日されました。ウツミさんは何気なく「綺麗な茶色の服やね」と言いました。その場にいた人は顔を見回して笑いました。私はその時のウツミさんの哀しそうな顔を今でも忘れません。私はウツミさんに色覚異常があること、そして、車の免許を持っていない理由を知りました。聡明なウツミさんがいい会社に勤めることが出来なかったのは、こんな理由があったからかもしれません。
私が医大に合格した時、ウツミさんはとても喜んでくれました。しかし、その時すでに、ウツミさんは末期の胃がんに侵されていました。痩せて細くなった手で私の手を握りしめ、「ひでくん、よう頑張ったな。困っとる人をようけ助けてなぁ」と言われました。「わしも、この病院を退院して、リハビリせなあかん。固とうて折れにくい桜の杖が欲しい。昔、ぼんが折った桜の枝、清住から持ってきてな」と頼まれました。急いで桜の枝をのこぎりで切り落とし、杖を作り病室に持っていくと、ウツミさんは嬉しそうに笑っていました。それから2週間後、ウツミさんは桜の杖とともに天国に旅立ちました。

タネちゃんやウツミさんを通じて、学び、目指すこととなる医療の世界。

このように私は、日常の中でタネちゃんやウツミさんを通じて、障がい者が生きづらい社会を改善し、弱者をたいせつにする人間であるよう学びました。だからこそ、私は医師を志し、常に至誠惻怛の精神で仕事が出来たのだと思います。今も、清住の桜の古木を見るたびに40年近く前のことを昨日のように思い出します。

医療も行政も、チームワークで取り組むことがたいせつです。次回は、チーム医療の基軸となったバレーボール部での話をします。

<清元ひでやすプロフィール>

昭和39年(1964年)元日生まれ、55歳。
姫路市立谷内小学校、城山中学校、兵庫県立姫路西高卒。
香川医科大学へ進学し、医師となりテキサス大学に留学。
帰国後、香川大学附属病院講師を経て、東北大学教授に就任。
東日本大震災では最前線で東北大学の救命部隊を指揮。
震災復興プロジェクトに従事し、文部科学大臣賞を受賞。
平成28年より文部科学省付き医官として日本医療研究開発機構(AMED)に出向し、行政の立場から先進医療戦略を担当。
平成30年5月、東北大学を退職し、姫路の未来のために帰郷

もっともっと人をたいせつにする政治

街頭演説@城見台公園前交差点

天下の名城、世界遺産の姫路城をのぞむ城見台公園前で通勤通学中の皆さまに街頭演説で私の政策を訴えてまいりました。

早朝にもかかわらず多くの方々が足を止めて、
演説を聞いていただきました。

たくさんのご支援、とても励みになります。

もっともっと人をたいせつにする政治の重要性を訴えてまいります。

防災と医療講演会@勝原公民館

私の東日本大震災の現場での活動を通じて、
防災と緊急時の医療、そして医療復興を核としたまちづくりと未来型医療の展望についてお話しました。

聴講される方々の年齢は比較的高かったものの、
フロアからも積極的なご質問が多数あり、非常に好評でした。

防災も机上の空論でなく、
実際の現場の状況に落とし込んだ避難訓練の重要性なども説明し、
ご賛同を得ることができました。

姫路は比較的災害の少ないまちですが、
備えあれば憂いなし、
もっともっと防災啓発にも取り組んでまいります。

姫路市老人福祉施設連盟 政策討論会

養護老人福祉施設、
特別養護老人福祉施設で構成される老人福祉施設連盟の政策討論会より招請されて、地域包括ケアシステム、認知症対策、介護職の人材確保など、
高齢者福祉に関する政策に関して、
会員の方々にご説明させていただきました。

得意分野とはいえ、
財政的なトレードオフを考えると全てを潤沢に充当させることはなかなか難しい命題です。

しかし、福祉の充実は人づくりからまちづくりを提唱する私にとって、
譲れないエリアです。

もっともっとお一人お一人が輝くまちづくりを推進します。

日東紙工(株)朝礼ご挨拶と工場見学

最新の紙パッケージを製造されている日東紙工にお邪魔して、
ものづくりを見学させていただきました。

多彩な型を形成する現場では熟練の技も重要です。

人をたいせつに、人材育成地元積極的に取り組んできた企業努力には敬服いたします。

行政からももっともっと女性や障がい者も含めて、
働く環境整備を応援していきたいと思います。

日東紙工株式会社
姫路市東山2-3
TEL.079-246-3181
FAX.079-246-1582
http://nitto-shiko.co.jp

Tags,

技術力の高さは人間力の高さ

旭陽校区ボウリング大会ご挨拶

地域の健康とコミュニティの連携を強化するボウリング大会にお邪魔して、
旭陽校区の皆様にご挨拶させていただきました。

子どもからご高齢の方まで、
笑顔と嬌声に包まれたボウリング場で、
地域の絆が深まっていきました。

優勝者は60代の男性、
スコアは2ゲームで208と198のアベレージが200越え!
子どもから高齢者、女性までが同じルールで楽しめるボウリングはユニバーサルスポーツだと思いました。

地域のイベントをもっともっと応援します。

ナサダ(株)朝礼ご挨拶&職場見学

姫路の技術力がロケットや飛行機を安全に飛ばしている、
そんな技術を持って世界と向き合っているのがナサダ。ボーイング社のエンジンパーツ、
JAXAのHAロケットのブースター、
発電所のタービンなど、
耐熱合金を寸分の狂いもなく仕上げていく工程には驚きと感動があります。

技術力の高さは人間力の高さ。

人をたいせつにする企業姿勢が随所に見受けられます。

姫路のものづくりは行政からも人づくりで支えていきます。

株式会社ナサダ
姫路市阿保甲1番地の1
TEL.079-223-5678 
FAX.079-223-1766
http://www.nasada.co.jp

姫路市立飾磨高校企業探求活動発表会 Shikama Cup 2019

飾磨高校の一年生が、
企業の方々からインスパイアされた目標をブラッシュアップして、
新たなイノベーション(発明)や
デベロップメント(発展)を
クエスト(探求)する能動型課外学習の発表会を聴講に行きました。

学生さんの自由な発想、
未来への希望が詰まった発表に目からウロコの連続でした。

選挙権はありませんが、
未来の有権者たちの前向きな考え方に勇気をもらいました。

もっともっと教育環境を豊かに支援していきます。

姫路少年硬式野球協会 役員会

姫路の少年硬式野球の指導者の方々より組織される協会より、
推薦をいただき、御礼のご挨拶とスポーツ施設の充実についての決意も述べさせてもらいました。

熱中症対策のためのナイター設備の整備、
国際標準のスポーツ施設の建設は、
未来の姫路の発展のためには不可欠です。

頂点高く極めるにしても、
底辺が広がっていかなければなりません。

子どもからご高齢の方々までが、
スポーツを楽しんでこそ、
甲子園やオリンピックなどでの活躍につながると思います。

いただいた推薦状の重みを感じつつ、
もっともっとお一人お一人が輝くまちづくりを立案していきます。

Tags

働く人をしっかりと応援

三相電機(株)ご挨拶

ものづくりのまち姫路を象徴する三相電機さんにお伺いして、
正門前で朝、出勤されている従業員の皆様にご挨拶させていただきました。

黒田社長のご推薦みならず、
三相電機の労働組合からもご推薦をいただきました。

門の前で皆様を待ち、従業員の方々と固い握手をさせていただきました。

黒田社長と糸田組合長という労使ともがに私を応援していただけることとなり、
そのご期待に身の締まる思いです。

働く人がもっともっと働きやすい姫路をつくります。

三相電機株式会社
姫路市青山北一丁目1番1号
TEL.079-266-1200
http://www.sanso-elec.co.jp

日本電研 朝礼ご挨拶

電動機や発電機の製作・加工・維持管理まで幅広くものづくりのまち姫路を支える日本電研の月一回の朝礼にお伺いして、
ものづくりを支える人をたいせつにする私の政治姿勢を皆さんに聞いていただきました。

過酷な救急医療の現場や信じられない東日本大震災のフロントラインで仕事をしてきた私です。

現場でのご苦労を、
少しでも減らすような行政をめざしています。

働く人をしっかりと応援しなければ、
ものづくりのまちは衰退してしまいます。

人を中心とした姫路のまちづくりを、
もっともっと進めていきます。

日本電研工業株式会社
姫路市御国野町御着266
TEL.079(252)1381
FAX.079(252)6373
https://www.denkenk.co.jp

ユメックス 朝礼ご挨拶

人を基準とした高品質な「ものづくり」にこだわる企業、
ユメックスの朝礼にお招きいただきました。

ものづくりのまち姫路の代表的な液晶パネルや有機ELに代表される薄型テレビやデジタル映写機用Xeランプ、
特殊放電ランプなど、
画期的な製品を世界に向けて発信されています。

ぶれない姿勢で、社員をたいせつに育て、
今の時代には珍しい終身雇用制度を採用しておられました。

そして、ユニークなスローガン

「全員研究員」

には感銘を受けました。

私も、至誠惻怛の精神で、
調査研究を怠らず、
姫路をもっともっと元気するために、
おひとりおひとりの命が輝くまちづくりを推進していきます。

株式会社ユメックス
姫路市夢前町糸田400
TEL.079-335-5111
FAX.079-335-5212
http://yumex-inc.co.jp

Tags,

医療と福祉の連携をしっかりと

常盤堂製菓 朝礼&工場見学

歴史と文化を感じる昔懐かしいかりんとうで有名な常盤堂製菓にお呼びいただき、
職員の方々にご挨拶させていただきました。

そして、手作業で昔ながらの美味しいかりんとうの製造工程を見学させていただきました。

食の安全が叫ばれている昨今、
伝統の中にも創意と工夫を持って美味しいお菓子を提供されている常盤堂の現場で、
ものづくりの現場における人づくりのたいせつさを感じました。

姫路の伝統的なものづくりをもっともっと応援していきます。

常盤堂製菓株式会社
姫路市船津町1788
TEL.079-232-0682
FAX.079-232-5835
http://www.tokiwa-do.co.jp

飾磨橋東地区老人クラブ女性部 ミニ集会

飾磨橋東地区の女性の方々と、ミニ集会で対話させていただきました。

多くの方々より姫路の医療に対するご不安、
特に救急医療の自己完結にご期待を寄せられておりました。

新しい県立病院が2022年に完成しますが、
医療と福祉の連携をしっかりと整備し、
姫路市民がもっともっと安心してくらせるまちづくりを推進します。

社会福祉法人ネバーランド幹部職員ミニ集会

姫路北部の船津山田地区で、
地域の福祉をしっかりと提供されているネバーランドにお伺いして、
現場で働く職員さんたちのご苦労、
そしてこれからの福祉について対話させていただきました。

北部は交通の便もよくなく、
高齢者が買い物や病院通いをしにくい状況で、
福祉施設のデイサービスやショートステイが重要となってきます。

北部の地域包括支援センターは砥堀にあるために、
多くの福祉の相談窓口が遠いとのご指摘もいただきました。

高齢ドライバーが免許返納しても、生活できる、
そんな地域社会の形成が重要です。しっかりと福祉サービスの充実で支えるためにも、
船津山田地域には地域包括支援センターの出張所機能をどこかに作るべきだと実感しました。
清元は現場で働く方々の意見をしっかり聞いて、
地域の問題を解決していきます。

社会福祉法人ネバーランド
姫路市船津町5271-16
TEL.079-232-8311
FAX.079-232-8313
https://www.neverland.or.jp

街頭演説@姫路駅北口

日頃は駅ではなく、
地域の方で街頭演説を行う清元ですが、
通勤通学のターミナルである姫路駅で街頭演説を行いました。

気温0度という寒い早朝の駅前でしたが、
行き交う多くの支援者の方々より、激励のお言葉を頂戴いたしました。

綺麗になった姫路駅を誇りに思うとともに、
この賑わいを姫路全市にくまなく広げていくことが、
私の使命だと決意いたしました。

Tags,

地元の美味しい食べ物

城北地区−安心安全まちづくり協議会

地域共生の重要性が見直され、
住民の目線でまちづくりを提案していくまちづくり協議会が城北小学校体育館で開催されました。

自治会や子ども会、PTA、学校、バス会社など、
地域で道路の危険箇所を話し合ったり、
毎朝の子どもの通学路を守る見守り隊の方々、
これら一連の活動には本当に頭が下がります。

さらに、話し合うだけでなく、この協議会では隣接地域の自治会長さん、
市職員、地元選出の市議会議員、県会議員、国会議員までが顧問でご参加いただき、
市の担当者も多数ご臨席いただいた上での、実につながる素晴らしい会議でした。

私も内閣官房直下の健康医療戦略を担当する元調査役として、
会議の講評を述べさせていただきました。

これからも地域一丸となったまちづくりをもっともっと応援していきます。

全国鍋グランプリin 姫路

埼玉県で始まった全国鍋グランプリ、
姫路市商工会の肝いりで関西初の開催地がこの姫路でとり行われました。

一時は小雪も舞う絶好の鍋日和、週末、
街頭演説もかねて市民の皆さんにご挨拶させていただきました。

地元のいい素材を使った網干の牡蠣天ぷら鍋をいただきました。

もっともっと地元の美味しい食べ物を発信できるまちづくりを進めます。

朝日さわやかクッキング ミニ集会

薬膳料理研究家の渡部先生が主催されている朝日さわやかクッキング教室にお邪魔して、
食と健康に関する対話集会を開催していただきました。

給食は食育の観点で、
しっかりと安心安全なものを子どもたちに提供しなければなりません。

食事は健康に密接に関係しております。

地域の食材がどのように生産されるかしっかりと勉強してもらう制度設計も重要です。

子どもの未来をもっともっと安全安心な希望の時代としていきます。

半ドン播磨の会 新年交歓会

播磨の歴史と文化をしっかりと守り、
未来につないでいく半ドン播磨の会の新年交歓会に参加させていただき、
壇上でご挨拶させていただきました。

姫路城が世界遺産として400年の悠久の時代を乗り越えて保存されてきたのは、
歴史と文化を守ってきた播磨の先人のおかげです。

もっともっと姫路の文化を発信していきます。

Tags,

お一人お一人が輝くまちづくり

街頭演説@姫信手柄支店前交差点

通勤通学中の市民の皆さんに街頭演説で少子高齢社会での人を大切にする政治の重要性を訴えました。

選挙権のない子供達がたくさん興味を持って寄ってきてくれました。

選挙権もない子ども達ですが、
たいせつな未来の市民です。

子どもの未来が明るく輝くようにしっかりとしたまちづくりを進めます。

たくさんの未来の市民の声援に送られて、
もっともっと姫路が元気になるように頑張ります。

姫路市老人クラブ飾磨ブロック女性部ミニ集会

飾磨の各地域の女性部の代表の方々と、
女性の活躍、生涯現役、健康な体質作りなど、
皆さんの関心事について1時間ミニ集会で楽しい対話集会となりました。

新しい元号で始まる今年も、
高齢社会は医療や福祉の充実によってますます寿命は伸びていくと思います。

これからは、寿命は健康寿命で、
生活の質と共に評価する時代だと思います。

お一人お一人が輝くまちづくりに邁進いたします。

水本機械製作所 朝礼

ステンレス製制鎖メーカーとして高い技術力を持つ水本機械製作所にお伺いして朝の朝礼で働く皆さんにご挨拶させていただき、ものづくりの現場を見させていただきました。

硬いステンレス鋼の加工、
姫路の工業製品の質の高さに驚きました。

ものづくりは人づくりがしっかり出来ないと成り立ちません。

水本機械製作所のように企業が人をたいせつにすることも重要です。

さらに、姫路の行政そのものが市民中心、
人をたいせつにする姿勢でまちづくりを進めていかなければいけません。

株式会社 水本機械製作所
兵庫県姫路市白浜町宇佐崎南1丁目27番地
TEL.079-246-2501 (代)
FAX.079-246-2151
http://www.mizumoto-mm.co.jp/

おひさま園保護者会勉強会

高田理事長のお招きで、
障がいを抱えるお子さまをしっかりと育てられているお母さん方の災害時の不安、
お悩みを討論するミニ集会を灘市民センターで開催しました。

東日本大震災の避難所での苦労、
病気や障がい者の方々の避難所が無くて困ったことなど、
現場であった具体的な事案のもと個々のお悩みのご相談も聞かせていただきました。

お一人お一人が程度の異なる発達障害の場合、
災害時にはなかなか対応が難しくなることをふまえ、
特殊学級を中心とする避難所マニュアルはありますが、
うまく機能するかは現場の人間力にかかっています、
子どもからお年寄り、障がい者まで、
男女の別なく誰もが安心できるまちづくりに励みます。

田中酒造 ご挨拶and工場見学

白鷺の城で有名な田中酒造にご挨拶に参上し、
実際の酒造の現場を見学させていただきました。
重要文化財の建物には伝統の麹菌が住んでいる田中酒造。

山田錦を極限まで削りこみ、
熟練の杜氏が丁寧に仕込んでいく工程を見学させていただきました。

口に含むとやさしいほのかな甘み、
そう、裏山で取った栗を塩茹でしたようなまろやかな甘みのある仕込みを体感いたしました。

この伝統の技術から生み出される銘酒をもっともっと多くの方々に感じていただきたい。

観光でももっとゆっくりとまりたい姫路を推進しようと思います。
姫路の食文化をもっともっと発信していきます。

田中酒造場
姫路市広畑区 本町3-583
TEL.079-236-0006
FAX.079-236-9334

Tags,

【第3話】清元秀泰のふるさと姫路への思い(3)

私を見守り育ててくれた二人の恩人

谷内小学校時代、一学年に一クラスしかない小さな学校で過ごしました。クラス替えもなく、担任の先生も優しく、子ども一人一人に目の届く環境で、楽しい仲間と元気に学校に通いました。一方、家庭生活の中では、忙しい両親の代わり、優しく、時に厳しく、私を見守り育ててくれた二人の恩人のことは忘れられません。

いつもサングラスをかけていたタネちゃん

一人は乳母のタネちゃん。タネちゃんは近所で駄菓子屋さんを営んでいました。小学校から戻っても居場所のない私はタネちゃんの駄菓子屋で、家族が帰ってくる夜までの時間を過ごしました。今でいえば、学童保育がタネちゃんの駄菓子屋でした。そのままそこで夕食を食べ、時にはお泊りすることもありました。タネちゃんの家は、私より7つ年上の野球少年のとしのぶちゃんとおばあさんの3人家族でした。京都清水寺門前のお茶屋さんで生まれ育ったタネちゃんは、大恋愛の末に姫路の片田舎、清住に嫁ぎました。としのぶちゃんを授かるも、旦那さんは愛人を作って失踪。結局、失踪した旦那さんのお母さん(お姑さん)と暮らしている。そんな子どもには複雑すぎる大人の話も聞きました。

タネちゃんはいつもサングラスをかけていました。夜になってもサングラスを外しません。ある日、私はタネちゃんに「なんでいつも黒メガネしてんの?」と、聞きました。タネちゃんは一呼吸をおいて、「私は目が飛び出でる病気でね、メガネはずしたら、みんながびっくりすんねん」と。そして、そっとサングラスをはずすと、「こんな恐ろしい病気やさかい、旦那も逃げてもた。でも、あんたのお父さんやお母さんは、分け隔てなく私を大事にしてくれる。」と、明るい声で言いました。

同じような病気で苦しむ人を救ってほしい

時に、容姿や障害を抱えている人を簡単に差別しますが、父母はそうでなかったようです。サングラスをはずしたタネちゃんの目は確かに、前方に突出していました。これはバセドウ病による眼球突出ですが、無医村の清住では奇病です。ずいぶん差別も受けたことでしょう。タネちゃんにはバセドウ病による外見の問題に加え、動悸や息切れもあり、外で働くこともできませんでした。そのため、自宅で駄菓子屋を始め、私の乳母も務めてくれたわけです。もちろん、タネちゃんは私を我が子のように大事にしてくれましたし、私も何の抵抗もなくタネちゃん一家と毎日を過ごしました。

その後、としのぶちゃんは東洋大姫路に進学。高校野球に打ち込み甲子園を目指し、3年生の時は県大会決勝で残念ながら敗れ、甲子園出場は逃しました。その後、後輩たちが甲子園に出場し、全国制覇を成しえる数年前の出来事でした。私が今もなお、野球が大好きなのは少年時代に一緒に育ったとしのぶちゃんの影響が大きかったらだといえます。
タネちゃんは、私が医者になったことを大変、喜んでくれました。同じような病気で苦しむ人を救ってほしい、そう言いながら、一昨年、亡くなるまでずっと私のことを気にしてくれていました。タネちゃんが私の育ての母であるなら、育ての父はウツミさんという初老の男性でした。ウツミさんは私の政治信条の原点であり、今の活動に大きな影響を与えてくれた人物でした。

続く

<清元ひでやすプロフィール>

昭和39年(1964年)元日生まれ、55歳。
姫路市立谷内小学校、城山中学校、兵庫県立姫路西高卒。
香川医科大学へ進学し、医師となりテキサス大学に留学。
帰国後、香川大学附属病院講師を経て、東北大学教授に就任。
東日本大震災では最前線で東北大学の救命部隊を指揮。
震災復興プロジェクトに従事し、文部科学大臣賞を受賞。
平成28年より文部科学省付き医官として日本医療研究開発機構(AMED)に出向し、行政の立場から先進医療戦略を担当。
平成30年5月、東北大学を退職し、姫路の未来のために帰郷

【本日発行!】清らか元気通信vol.1

本日「清らか元気通信vol.1」が発行されました!

事務所に設置してありますので是非お持ち帰りください。

Tags

継続性のある教育

ラッキー工芸株式会社 朝礼

我が国の屋外広告を始め企業イメージをプロデュースするラッキー工芸の朝礼に呼んでいただき、
ものづくりの現場で働かれている皆さまにご挨拶に上がりました。

クライアントの満足に応えるために弛まぬ技術開発に努め、
全国展開されているまさに姫路のものづくり集団です。

私を応援する横断看板を作っていただきました。

ご声援ありがとうございます。

しっかりと成果を出して、
人を大切にする姫路市政をもっともっと前に進めます。

ラッキー工芸株式会社
兵庫県姫路市朝日町54
TEL.079-226-1271
http://www.lucky-kogei.com

姫路食文化協会討論会

姫路の食文化をもっとも発展させ、
産業振興や観光振興に力を入れている団体の定例会での討論会に招聘いただきました。

姫路の豊かな食文化をどう盛り上げていくか、
様々な角度から議論がありました。

真の国際観光都市を目指すには、
姫路城をはじめとする歴史をしっかりと学び、
文化と組み合わせていく必要があります。

その中で、生活の重要な基盤である食はもっとも重要な文化と言えます。

酒造の発祥地であり、
なんでもとれる豊かな播磨をもっともっとワクワクするまちに、
ゆっくり泊まって食を楽しむまちに官民あげて連携して発展させていきたいと思います。

貴重な機会を与えていただいた食文化協会の方々に御礼申し上げるとともに、
もうすぐ開催される日本鍋グランプリの大成功を祈念しております。

ミニ集会@河本邸

里山の自然を愛する有志の方々が、
竹やぶ清掃を兼ねてお集まりになり、
清元の政策を聞いてみたいということで、
河本邸にて、地域振興策や僻地の小学校存続問題など、
これから10年です加速する少子高齢社会における地域振興策についてみんなで話し合いました。

安直に小学校を守るといっても、
年々減少する生徒数を考えると、
学ぶ側のことも配慮しなければ、
しっかりとした教育もできません。

過疎化の中で、生徒数をどう均衡化するか、
学校と地域の関わりなど、
簡単に答えは見つかりません。

継続性のある教育を実践するためにも、
安直に教育制度は変えることは困難です。

清元は結論の出しにくい問題でも、
正面から皆さんとしっかりと議論を重ねてまいります。

皆さんのもっとをお聞かせください。

城下町ギルド まちづくり勉強会

歴史と文化のあふれる城下町姫路。

この町を愛してやまない若手の集団が、
清元の文化政策、
城下町の活性化策を聞いてみたいと、
月例会に招聘いただきました。

皆さんと様々な話題を掘り下げていく中で、
20年、30年先のまちづくりの方向性が見えたような気がします。

若者がもっともっと活躍できる姫路のまちづくりを推進します。

Tags,

姫路に対する熱い想いを実現

瀬戸電機工作所ご挨拶

広畑区にある瀬戸電機工作所にお伺いして、
働く皆さんの職場で皆さんと朝のラジオ体操、
そして朝礼のご挨拶をさせていただきました。

大手企業の電気モーターの修理や整備を担われている貴重な企業として、
ものづくりのまち姫路の真骨頂でもあります。

熟練工の方々が、
様々な技能と蓄積された知識を駆使して活躍されていました。

清元は常に現場主義。

皆さんの職場に足を運んでいきますので、
よろしくお願いいたします。

株式会社 瀬戸電機工作所
兵庫県姫路市広畑区大町3丁目31番地
TEL.079-236-3911
FAX.079-236-3914
http://www.setodenki.co.jp

藤花先生の健康イキイキ体操教室

姫路市長とともに飾磨市民センターに藤花先生をお訪ねして、
まさに健康長寿の方々の元気の源、イキイキ体操の現場を見せていただきました。

石見市政16年よりもずっと前、
平成元年より生涯現役を掲げて地元の老人会の方々に健康体操を指導されている藤花先生のエネルギッシュなご活躍に、
石見市長も私もタジタジでした。

もっともっと生涯現役政策を広げていきます。

ミニ集会@飾磨区三宅

日曜日の昼下がり、
有志の同級生を中心とした責任世代の政策討論会を企画していただきました。

姫路出身ですが南は四国、
西は大分、
北は東北より、
姫路市以外にお住いの方々も含めて、
播磨の中核都市である姫路の未来について熱い討論が繰り広げられました。

私が新しい元号で始まる新市政では、
人を中心とした、人をたいせつにする政治を展開したいと述べさせていただきました。

皆さんの温かいご賛同に加え、
50年先を見据えた文化都市への成熟を望む声、
もっともっと教育に力を入れて50年先を見据えた人材育成の礎をつくるなど、
次世代にどんな姫路を遺せるか、
という熱い議論となり、
予定時間を1時間も超過してしまいました。

皆様の姫路に対する熱い想いを実現するために、もっともっと精進して頑張ります。

政策討論会@飾磨区三宅

清元の政策を聞いてみたいと、
中学・高校の先輩方を中心に有志の方々が政策討論会を開催していただきました。

私より一回り以上離れた人生の先輩方のご意見は含蓄が深く、
これまでの人生経験に基づいた実践的な質問が多数出ました。

酸いも甘いも経験され、
幾多の難問を解決してこられた先輩方に敬意を表するとともに、
私には、まじめに努力した人が報われる社会、
公正な社会の実現を期待されました。

市民の皆さまの姫路市政に対するご要望を、
清元にもっともっとミニ集会で聞かせてください。

ご挨拶@佐良和地区農区役員会

地域の農業について話し合う農区役員会が開催され、
地域の農業政策や後継者問題について、
農家である自身の立場もふまえて、
これからの農業は所得増につながる6次産業化もふまえ、
皆様に新年の抱負と私の農業政策についてご挨拶をさせていただきました。

地域の農区を守りながら、
産業化、過疎対策など地域の問題は山積みですが、
しっかりと地域の声に耳を傾け、
もっともっと明るい農業振興を推し進めます。

Tags,

後援会事務所移転のお知らせ

皆様におかれましてはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
このたび2019年2月2日土曜日より下記の住所へ事務所を移転する運びとなりましたのでご案内申し上げます。
気持ちを新たに日頃のご愛顧に報いるべく専心努力いたしますので今後ともご指導ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

新住所 姫路市安田1丁目68-1 JK姫路南ビル1階

TEL. 079-226-0770

【第2話】清元秀泰のふるさと姫路への思い(2)

友達と楽しく、元気いっぱいに学校に通っていた小学生時代、私にとって忘れることのできない2つの大事件が起ります。
1つは、友だちと火遊びして起こしてしまった山火事事件、そしてもう1つは、父の獄中選挙です。

山すそ野の秘密基地で誕生会
またたく間に周辺は火の海に

元日に生まれの私は、毎年お正月行事にかき消され、お誕生日会をしてもらった記憶がありません。家族も友人も、私の誕生日を忘れていました。そんな私にとって、「ケーキに年の数だけロウソクを差して、ハッピバースデーツーユと歌って『ふ~っ』と吹き消すこと」は、ずっと夢でした。同じ村から通学する同級生の「やっちゃん」と「なんちゃん」が、そんな私のためにお墓の燃え残りのろうそくを集め、山すそ野の秘密基地で誕生会を開いてくれました。地面にろうそくを差して立て、マッチで火をつける。それを「ふ~っ」て、吹いたらろうそくが倒れ、乾燥した枯れた草木に燃え移り、またたく間に周辺は火の海になりました。3人で山から転げるように走って逃げて家に帰りました。自宅の2階から燃える山を眺め、そして村の人たちがバケツリレーで消火活動に当たっておられるのをみて、心からごめんなさいと思いました。この山火事は、村の人たちの必死の消火活動で、小さな範囲だけで何とか食い止められました。清住の村の人たちの団結力と迅速な行動に助けられました。村の人たちには一生、頭が上がりません。

突然起きた父の事故
母と乗り越えた獄中選挙

そしてもう1つの事件です。それは私が今までの人生で一番つらかった事件で、小学4年生の時に父が起こした地元での交通事故です。父は春の統一地方選挙を控え、自ら運転する自動車で遊説中でした。そんな中、家まであと5kmのところで、自転車で通学中の女子高生を車ではねてしまいました。すぐに病院に搬送したものの、治療の介なくその女子高生はお亡くなりになってしまいました。父は選挙を控えていましたが、道路交通法違反、業務上過失致死で収監されました。そして結果として獄中選挙を迎えることとなりました。大切な一人娘さんを突然、失ってしまったご両親の無念さを思うと、今も胸が苦しくなります。また、当時の世間の厳しい非難は事故を起こした父だけでなく、学校に行けば小学生の私にもその村の子どもたちから容赦なく浴びせられました。

母は毎日毎日、被害者のお宅に謝罪とお悔やみに足を運びました。長男の私は母と一緒に行き、何度も何度も畳に頭を擦り付けるように謝り続けたことを思い出します。その後も、母は月命日には必ずお悔やみを忘れたことがありませんでした。この交通事故で、父の4回目の県会議員選挙はほぼ獄中選挙となり、立ち合い演説会は候補者不在で行い、候補者自身が政策を訴えることは叶いませんでした。それでも多くの人が演説会に来てくださることを励みに、母と私でなんとか演説会を乗り切りました。
私は、ただ父のまじめな人柄、政治家としていつも地域のことを一番に考えていることを、子供の言葉でみなさんに伝えることしかできませんでした。県会議員選挙の投票開票日、多くの支持者の方々とテレビの選挙速報にかじりついて見ていました。最後の議席で父の当選確実が出た時、私は自分の頬を伝わる涙を拭きながら、辛かった選挙戦を振り返り、自分は「大人になっても絶対に選挙に出ない」、そう心に誓った11歳の春でした。
続く

<清元ひでやすプロフィール>

昭和39年(1964年)元日生まれ、55歳。
姫路市立谷内小学校、城山中学校、兵庫県立姫路西高卒。
香川医科大学へ進学し、医師となりテキサス大学に留学。
帰国後、香川大学附属病院講師を経て、東北大学教授に就任。
東日本大震災では最前線で東北大学の救命部隊を指揮。
震災復興プロジェクトに従事し、文部科学大臣賞を受賞。
平成28年より文部科学省付き医官として日本医療研究開発機構(AMED)に出向し、行政の立場から先進医療戦略を担当。
平成30年5月、東北大学を退職し、姫路の未来のために帰郷

若さとチャレンジ精神

垣内とんど祭

網干区の垣内のとんど祭にお招きいただき、
自治会の皆様、婦人部の皆様とともに無病息災を祈願し、
とんどへの点火をさせていただきました。

他地域のとんどとは趣きも違い、
垣内のとんどはまるで通天閣のように凝った作りで、
作成には前日丸々1日を要されたとのことでした。

ご挨拶、記念写真の後にすぐ点火しました。

火の勢いは凄まじく、
皆様の願いを天に運ぶとんどとともにお正月、
松の季節が幕をおろしました。

私の願いも天高く成就できるように精一杯頑張ります。

街頭演説@山電姫路駅前

成人の日、多くの新成人が行き交う姫路駅前で1時間、
街頭演説をさせていただきました。

新成人だけでなく、
総社のえびす祭の宝恵駕籠が出る賑わいの姫路駅前で、
多くの方々にこれからの姫路のまちづくり、
人をたいせつにする政治の重要性をしっかりと述べさせていただきました。

若者が未来を感じるようなワクワクする姫路、
もっともっと元気なまちに成長させていきます。

城北地区安心安全協議会打ち合わせ

先日、街頭演説をさせていただいた城北地区。

城下の住宅地であり、また歴史を感じる文教地区でもあります。
多くの生徒さんたちが行き交う道路や歩道の幅を広げたり、
未来のまちづくりに関するビジョンを地域の世話役の方々よりお聞かせいただきました。

地元選出の市議会議員の方やPTAの方々、
多くの方々が安心安全協議会を運営されている現場を見させていただき、
地方自治の正しいあり方を学ぶことができました。

もっともっと地域の皆さんのお声をお聞かせ下さい。

宝角合金製作所 朝礼ご挨拶

ものづくりのまち姫路を象徴する宝角合金製作所の朝礼におうかがいしました。

ものづくりを支える人材確保の重要性を訴え、
人を大切にする政策を述べさせていただきました。

姫路のものづくりは世界を動かす大きな力です。

そのものづくりを支える姫路の働く人たちをもっともっと応援して行きます。

株式会社 宝角合金製作所
〒672-8035 兵庫県姫路市飾磨区中島1345-2
TEL.079-234-4116
FAX.079-234-5116
http://www.houz.co.jp/

姫路獨協大学政策討論会

姫路獨協大学の法律学入門講義の一環で、
私の政策を訴える場を作っていただきました。

学生さんたちの質問に、
真摯に答えたつもりです。

ちょっと姫路の未来について熱く語りすぎました。

もっと学生らしく若さとチャレンジ精神を発揮するようなことも期待していただけに、
少し意見も噛み合わなかったかもしれませんが、
私は今でも25歳ぐらいの感覚で仕事してきました。

姫路をもっともっとよくするために、青春真っ只中の自分で走っていきます。

姫路獨協大学
〒670-8524 兵庫県姫路市上大野7-2-1
TEL.079-223-2211(代表)
FAX.079-285-0352
http://www.himeji-du.ac.jp/

糸引校区子育てサロン

少子化対策として保育行政の充実は重要で、
子供たちの明るい笑顔と未来への夢がなければ姫路の未来はありません。

糸引小学校区は市内でも有数のマンモス校区となり、
この地域の保育支援体制を見学に上がりました。

多くの未就学児童さんたちが、
子育てに奮闘中のお母さま方と参加され、
地域の子育てネットワークが形成されていました。

女性のキャリアパス支援と健やかなお子様の成長支援の両立をしっかりと行政が支援しなくてはなりません。難しい問題ですが、
清元はもっともっとこの問題を深く掘り下げて、
個々の人が輝ける最良の保育体制を作っていきます。

Tags,

地域ごとの歴史を発掘

大津区平松とんど祭り

まだ薄暗い早朝7時に点火、
という平松のとんど祭りに出席しました。

地域の方々の熱い思いが昇華したとんどで無病息災を祈願するイベント、
そんな地域のイベントもっともっと応援していきます。

深志野とんど祭り

御国野町の深志野は黒田官兵衛のふるさとで、
立派なとんどが自治会の皆さんのお力によって設営されておりました。

皆様に新年のご挨拶、
そして無用息災を願う点火もさせていただきました。

多くの方々より、
ご支援とご支持をいただきました。

清元はもっともっと楽しい町づくりをどんどん進めていきます。


城見台とんど祭り&清住とんど祭り

姫路は広く、
地域の文化や習慣は似ているところもあれば、
違う部分もあります。

新興住宅地の城見台と過疎の町である清住では、
とんどの組方も点火の仕方も違います。

地域ごとの歴史を発掘して、
もっともっと地域の振興に努めていきます。

播磨空手道連合会新年会

姫路を中心とする播磨地方は古くから武道が盛んな地域です。

空手の他派も含めて連合会の皆さんがサンシャイン青山に集結し、
新年会が開催されました。

特別顧問を務める松本代議士とともに新年のご挨拶をさせていただきました。

私の2人の子どもも小学校時代、
空手の練習に明け暮れておりましたが、
礼節を重んじ体幹を鍛える空手は子どもたちの健全な育成を助ける重要なスポーツです。

清元は子どものころから心技体を鍛える武道の奨励をしていきます。

Tags

【第1話】清元秀泰のふるさと姫路への思い(1)

ひでやす誕生

私は、昭和39年の元日の夜、姫路市内の長瀬産婦人科で父、功章(こうしょう)、母、淑子(としこ)の第三子として生まれました。予定日を2週間も過ぎたころに生まれた体重4,200gもある過熟児でした。まだ、家庭に電話も普及していなかった時代、年末年始の忙しい時期でもあり、母は付き添ってくれる人もなく、一人で頑張って私を生んでくれました。母からは事あるごとに、「秀泰、おまえが生まれた元日の夜は、正月特別料金と夜間料金もかかった。だから学校は全部、金のかからない公立に行くんだよ」と、言われました。

虚弱で不活発、内気でひ弱な幼少時代

私は、飾東町清住という田舎の山村で育ちました。当時、父は県会議員を務め、母は農業と衣料品店を切り盛りする兼業農家の生活でした。8歳年上の長女と6歳年上の次女が忙しく働く両親の親代わりとなり、私を育ててくれました。長じて、長姉は病院の薬剤師となり、「シュバイツァー博士」や「野口英雄」の伝記を私に買い与え、医療の道を薦めてくれました。次姉は中学教諭となり、教育職の尊さを教えてくれました。姉たちはこのように折に触れ、私の進路にも大きな助言をくれました。
母は忙しく、私は3歳からは飾東保育園に通園することになりますが、早生まれで体格の小さな私は、虚弱で不活発、内気でひ弱な子どもでした。保育園に行くのが大嫌いで、送迎バスが来ると山の中に逃げ込んだりして逃げ回り、仕事に行かなければならない母をよく困らせました。

その後、谷内幼稚園、谷内小学校と進んだ私は相変わらず落ち着きがなく、教室を抜け出しては近くの天川で魚取りをして時間をつぶすことも度々。先生もすっかりあきらめていて、見て見ぬふりをしていたと思います。学校の宿題プリントは風呂の薪の焚き付けにしてしまうような子どもで、勉強が大嫌いでした。夏休みの宿題は毎年恒例行事のように絵日記、習字、自由研究も含めて8月31日になっても手付かずのまま。母も姉もあきれ顔でしたが、最後は夜中まで宿題を手伝ってくれる優しい家族でした。

谷内小学校は当時から、1学年に1クラスしかない過疎の小学校でした。クラス替えもなく、担任の先生も優しく、子ども一人一人に目の届く環境の中、学校が大好きで、友達と楽しく、元気いっぱいに通っていました。そんな小学生時代、私にとってその後の人格形成にも影響する忘れられない2つの大事件が起ります。

続く

<清元ひでやすプロフィール>

昭和39年(1964年)元日生まれ、55歳。
姫路市立谷内小学校、城山中学校、兵庫県立姫路西高卒。
香川医科大学へ進学し、医師となりテキサス大学に留学。
帰国後、香川大学附属病院講師を経て、東北大学教授に就任。
東日本大震災では最前線で東北大学の救命部隊を指揮。
震災復興プロジェクトに従事し、文部科学大臣賞を受賞。
平成28年より文部科学省付き医官として日本医療研究開発機構(AMED)に出向し、行政の立場から先進医療戦略を担当。
平成30年5月、東北大学を退職し、姫路の未来のために帰郷

【参加者募集中】姫路の未来を語る女性のつどい

清元ひでやすとともに姫路の未来を語りましょう。

姫路の未来について、
みんなが暮らしたい、
女性にとって暮らしやすい街への発展していくために、
必要な、こと・もの・仕組みについて語る

「女性のつどい」を開催します。

※会場が下記の通り変更となりました。ご注意ください。

日時 2019年2月11日月曜日(祝日)13:30受付  14:00開始~15:30終了
場所 姫路商工会議所 501会議室本館2F大ホール
内容 清元ひでやすとともに姫路の未来を語りましょう。
申込 清元ひでやす後援会事務所   担当:横田・小林
FAX: 079-226-0771  TEL: 079-226-0770 (9:00〜18:00
締切 2019年1月31日木曜日まで

Tags,

生涯現役

おまねき会@みどり保育園

みどり保育園の園児たちが日頃の学習をおじいちゃんやおばあちゃんにも見てもらおうと一生懸命に練習したお遊戯や音楽の発表会があり、
来賓として幕間にご挨拶させていただきました。

働くお父さんやお母さんだけでなく、
三世代のつながりも重要です。

子どもたちとの触れ合いが多いほど、
笑顔の回数が増加し、
認知症が予防できるとも言われています。

少子化が進む姫路ですが、
もっともっと子どもを産み育てやすい町になるような政策を実行していきます。

ふれあいサロン@城陽校区北条公民館

地域のコミュニティサロンで新春のご挨拶をさせていただきました。

城陽校区にある城陽江尻病院で15年間、
外来診療を担当させていただき、地域の医療健康活動を通じて、
この地域の問題点を垣間見てまいりました。

独居の方々が増え、
孤独死など核家族化による諸問題がありますが、
皆さんが一堂に集うコミュニティスペースをもっともっと使いやすく、
バリアフリー化も推し進めていきたいと思います。

姫路を生涯現役と健康長寿のユートピアにするのが、私の理想です。

ミニ集会@大西邸

久々に地元に帰って来た22歳の仲良し同級生が、
市長候補の話が聞きたいとミニ集会を開催していただきました。

自分の息子や娘よりも年下の22歳の若者たちとの会話から、
この町の少子化が進む原因の一端が見えたような気がします。
仕事のこと、将来のこと、恋人のこと、
いろんな悩みを持ちながら成長するのが人生。

せめて行政で将来に向けて明るい輝く未来を照らすような政策を提示し、
もっともっと若者が夢を語れる町づくりを進めて行きたいと思います。

これからも皆さんのもっとをお聞かせください。

船場校区ふれあいとんど祭り

姫路の船場はマンションも立ち並ぶ街中の人口密集地ですが、
正月飾りを天にお返しするとんど祭りが地域のイベントとしてしっかり根付いていました。

マーチングバンドの演奏、
地域の子ども会を中心とする餅つき大会、
消防の方々の献身的な待機など、
地域に支えられての楽しい正月行事となっています。

姫路のコミュニティー活動ををもっともっと応援していきます。

大津・南大津ソフトボール同好会ご挨拶

新年あけてソフトボールを楽しむ高齢者の方々の練習を見学し、
ご挨拶をさせていただきました。

平均年齢がゆうに70歳を超える集団でありながら、
すごい球速の球を投げるピッチャー、
恐る恐る年齢を聞いてみると74歳!私も子供時代からソフトボールや草野球に興じておりましたので、
キャッチャーとして投球を受けてみました。

素晴らしい球が繰り出され、
ライジングボールやシュートなど、
受けてみてこれは打てないな、って実感しました。

生涯現役はここにもありました。

もっともっと健康長寿の取り組みを応援していきます。

Tags,

もっともっと安全安心な町づくり

街頭演説@姫路市役所前

姫路の行政を支えられている3,800人もの姫路市職員の方々にご挨拶も兼ねて、
市役所前で街頭演説をさせていただきました。

多くの方々が私の政策に興味を示していただき、
用意した300枚のチラシは全て無くなってしまいました。

街頭演説を聞いて、
あとでチラシを取りに来られた方には、
何も配布できなかったので、
名刺と握手だけですみませんでした。

優秀な職員の皆さまとしっかりと連携して、
もっともっと市民に愛される姫路に進化させていきます。

清住ゑびす祭り@飾東町清住

姫路市の東端に位置する清住には古くから大歳神社と恵比寿様が祀られており、
家内安全、商売繁盛、大願成就のご加護が知られております。

私にとっては子どもの頃から、
秘密基地を作って遊んだ裏山でもあります。

極寒の清住での神事ではさすがに足も手もかじかみましたが、
ふるさとの味が染み込んだ生姜たっぷりのおでん(関東煮)をいただいて、
しっかりと温まることができました。

今年は勝負の年、地元の方々としっかりと力を合わせて、出陣します。

新春防災講演会@立正佼成会

立正佼成会の新春の集いで、
防災の講演依頼があり、30分、
会員の皆さまに東日本大震災の現場での状況、
急性期の復旧、そして町の創造的復興に関して、
自分の経験を踏まえてお話しさせていただきました。

ハザードマップに関しても、
想定外の出来事も踏まえて、
地域や団体での検証と使えるマニュアル作りなど、
実地的なお話をさせていただきました。

清元は常に現場主義、
机上の空論で話はしません。

もし、こんな話でよければどこでも呼んでください。

もっともっと安全安心な町づくりを進めていきます。

姫路駅前小溝筋商店街振興組合役員会

姫路駅東口から伸びる子溝筋商店街の駅前町の役員会の皆さまと商店街の振興策について、
意見交換会を開催致しました。

大手前通りやみゆき通りだけでなく、
横丁感覚の面白いお店がたくさんあり、
これからの地域振興には重要なエリアだと思っています。

観光も国際化が進んでいますが、
何か掘り出し物を探し出すような探検ができるワクワクする商店街振興策を考えています。

清元は現場の方々のご意見から、
新しい姫路の魅力をもっともっと発信していきたいと思っています。

連合姫路地域協議会新春の集い

姫路を支える労働者の皆さんが一堂に集い、
新年のご挨拶と本年の活動についてお話する機会をいただきました。

4期16年の石見市政をしっかりと受け継ぎ、
働く環境改善、
しっかりとした少子高齢化対策など、
私の決意も述べさせていただきました。

もっともっと人を大切にする政治で、
姫路の町づくりに取り組みます。

Tags,

もっともっと教育問題を深く掘り下げる

神姫バス労働組合新春旗開き

地域住民の足を守る神姫バス労組で、
新春の旗開きが行われました。

働く皆さんの一致団結の願いを込めて、
私も精一杯、お餅をつかせていただきました。

一粒一粒のもち米が皆さんのかけ声とともに、
粘り強いお餅となっていきました。

神姫バス労組の方々としっかり連携して、
もっともっと元気なまちづくりに邁進します。

わたまちキッズクリニック訪問

姫路の病児保育の現状を見学するために、
綿町にある「わたまちキッズクリニック」に柏原院長先生を訪ね、
現場のご苦労、今後の課題などをしっかりお話しを聞かせてもらまいました。

働く子育て世代をしっかりと応援することは、
人手不足の地域にとって大切な政策です。

もちろん、病気の時ぐらい子どものそばで看病のために仕事を休めるような働き方改革も重要ですが、
私も救急医をしていた時は急に休めない状況で、
病児保育があればと、思ったことでした。

それだけに、働く人たちに病児保育というバックアップがあることは、
今後の少子化対策としても非常に重要と考えています。

今は、柏原院長やスタッフの献身的な働きによってなんとか支えられている病児保育ですが、
もっともっとその定員が拡大できるように支援をしていきたいと考えています。

わたまちキッズクリニック
〒670-0921 姫路市綿町83番地 わたまちこどもビルディング2F
TEL.079-223-8989
http://watamachi-kids-c.ne.jp

ミニ集会@姫路こども劇場(延末)

姫路の子どもに素晴らしい演劇や人形劇などを提供する姫路子ども劇場のスタッフや協力者の方々と、教育や子どもの未来について語り合うミニ集会を開催しました。

子ども劇場で使っているウイッグを被らせていただき、
皆さんの日々の活動の一端も垣間見ることができました。

勉強やスポーツだけでない子どもの評価指標や不登校問題、
過疎地の小学校の統廃合など、
多岐にわたる教育問題を話し合いました。

もちろん、そんな簡単に結論が出るわけでもありませんが、
これからも幅広い意見をお聞かせいただいて、
政策づくりに反映できればと思います。

清元はもっともっと教育問題を深く掘り下げていきます。

Tags,

10年先のまちづくり

朝の街頭演説@旧城北幼稚園前

城北校区で朝の街頭演説をさせていただきました。

早朝の通学路を地域の方々が見守る中、
少子高齢社会における私の政策を多くの方に聞いていただきました。

小学生から高校生まで元気に通学できるのも、
そこを支える地域の皆様の献身的な働きがあってのことです。

清元は地域の皆様と町の安全のためにもっともっと働きます。

梶原鉄工所仕事始め

飾磨区ので梶原鉄工所の新年仕事始めにお呼びいただき、
ものづくりの現場で活躍されている皆様にご挨拶に上がりました。

大きな輸出用のプラントなど、
世界に通用する技術力で躍進する姫路の代表的なものづくりの現場を見せていただきました。

ものづくりの現場で働く皆様の努力や頑張りが、
姫路の工業を支えています。

もっと人を大切にする行政で、
働く皆様のバックアップを行なっていきたいと思います。

株式会社梶原鉄工所
〒672-8057兵庫県姫路市飾磨区恵美酒441
TEL.079-235-6151
FAX.079-234-5914
http://www.kajiwara-ltd.co.jp

八重畑老人会新春事始め

春日神社のそばの薬師堂で、
八重畑地区の新春事始めがあり、
ご挨拶させていただきました。

過疎地域をいかに存続させていくか、
特に地域の少子化対策に多くの皆さんと意見交換しました。

単に言葉だけで、「小学校の存続」をお約束できませんが、
この問題に正面から向き合っていくつもりです。

どうすれば地域の人口が維持できるのか、
過疎の小学校で未来の夢と希望を持った子どもたちが増えていくのか、
真剣に地域の方々と話し合わなければなりません。

こどもが少ないので、
転校しますと、
ただでさえ少ない生徒が、
一人、また一人と転校していく現実を踏まえて、
10年先のまちづくりと合わせて、
小学校区の在り方も考えていきたいと思います。

もっともっと子どもが増えていくような根本的な政策をなるべく早期に実施していきます。

ミニ集会@前田邸(保城)

新年最初のミニ集会は保城の前田邸から始動しました。

参加者の方々より、
災害時の避難場所や帰宅困難者救済に関する質問など、
昨年の日本列島を襲った災害に対する姫路市の防災対策についてのご質問が相次ぎました。

想定される災害は対応できても、
予想もできないような災害が各地で発生しているので、
短絡的なハザードマップの妄信よりも、
地域自治会での検証や迅速な情報発信と臨機応変できる組織づくりなど、
私が東日本大震災で経験した話もふまえて姫路での減災対策などをお話ししました。

防災対策にいくらお金をかけたとしても十分ではありません。

むしろ、減災の観点や早期の復旧に向けた柔軟な対応、
そして何より平時でも使える防災インフラの整備などが重要だとご説明しました。

もっともっと安心安全なまちづくりを進めて、
災害に強い姫路に発展させていきます。

Tags,

もっともっと健やかな発展を目指して

新春の街頭ご挨拶

播磨国総社で必勝祈願祭を行った後、
総社の参詣口で新春のご挨拶と新年の決意を表する街頭演説をさせていただきました。

多くの市民の皆さんから激励のお言葉を頂いて、
決意新たに姫路のもっともっと健やかな発展を目指して、
猪突猛進いたします。

本年もよろしくお願いいたします。

兵庫県臨床検査技師会新春セミナー@神戸商工貿易センター26F会議室

兵庫県で医療を現場で支える臨床検査技師の皆様に、
大災害における災害救急医療のあり方、
子どもや高齢者、障がい者の方々をどう避難させるか、
検査技師の方々に災害時避難所でのDVTスクリーニングの重要性など、
小一時間、講演をさせていただきました。

自衛隊の方々との共同作戦や肺塞栓症の予防と治療など、
自分の経験を踏まえて、
実地医療経験を共有させていただきました。

講演を聞いていただいた方々から、
単なるマニュアルの盲信ではなく、
現場で使えるマニュアルへのブラッシュアップの重要性がわかったと、
ポジティブなコメントを多数いただきました。

今年も清元は常に現場主義で、
平時にも使えるユーティリティの高い防災対策に注力していきます。

日東社経営計画発表会記念講演会

創業から100年以上の歴史のある日東社からご招聘いただき、
これまでの半生での人生を振り返って、
自分の信条やこれからのまちづくりについて1時間、
講演させていただきました。

姫路での少年時代、大学、留学、
そして被災地での経験など、
自分の人生は順風満帆ではなく、
常に波乱万丈でした。

それでも、一度も逃げず、
迷ったら自分で正しいと信じたことを一生懸命に行ってきただけでした。

何も得なこともありませんでしたが、
人生は損得ではなく、
自分が人の役にたっているという充実感を求めて仕事をしてきたように思います。

今日の講演がどれほど日東社の関係者にお役に立てたかどうかわかりませんが、
一期一会の精神で精一杯お話しさせていただきました。

清元は、姫路の未来のためにもっともっと役立つ人間になりたいと日々、研鑽しています。

ことぶき会新春の集い@ホテルサンシャイン青山

町の皆さんが学ばれている歌謡塾の新春発表会が開催され、
松本代議士、石堂市会議員とともに来賓としてご挨拶させていただきました。

多くの人たちが楽しまれているカラオケは、
日本で発明され、KARAOKEと言えば今や世界の文化として認知されています。

大きな声を腹式呼吸で発することは、
健康増進にも繋がります。

健康寿命をもっともっと伸ばせるようなスポーツやレクリエーションをしっかりと応援していきたいと思います。

新春のご挨拶@ノアインドアステージ青山ブルーマウント校

市民の健康増進に寄与されているノアインドアステージ青山校の皆さんに、
新春のご挨拶に上がりました。

テニスはもっとも寿命が延びるスポーツとして、
科学的に証明されています。

私も若い頃、
仲間たちとレクリエーションとしてよくテニスをしましたが、
今回、皆さんと一緒に軽くサーブとストロークを打たせていただきました。

このお正月で55才になりましたが、
自分の身の丈に合わせてできるのもテニスの良いところかもしれません。

錦織圭さんが久しぶりにツアー優勝されましたし、
大坂なおみ選手のメジャー優勝で盛り上がっているテニス会です。

テニスは健康増進の生涯スポーツとして、
また、障がい者スポーツとして注目される車椅子テニスでは、
国枝選手はじめ多くのトッププレイヤーも活躍されています。

テニスに限らず、
子どもからお年寄り、障がい者までが楽しめるスポーツの振興のために、
現場に足を運びますので、
色々な団体の方、
ぜひスポーツの現場に私を呼んでください。

Tags,

【謹賀新年】清元ひでやす、新年のごあいさつ

2019年明けましておめでとうございます。
新年のご挨拶と共に本年の決意を述べさせていただきます。

※Youtubeでの動画になります。音声が出ますのでご注意ください。

姫路の技術力をもっともっと世界に発信

植田金属工業 朝礼と職場見学

ものづくりの町である姫路を支える植田金属工業の朝礼に参加させていただき、
職員の方々にご挨拶いたしました。

ミリ単位の精度でものづくりをされている現場をじっくりと見学させていただきました。

姫路の技術力をもっともっと世界に発信しなくてはなりません。

植田金属工業株式会社
姫路市御国野町御着261番地の1 姫路工業団地内
TEL.079-252-0577 
FAX.079-253-0516
http://www.ueda-metal.co.jp/

街頭演説@砥堀アグロ前、香寺町フレッシュバザール前

小雪舞う北部エリアで街頭演説をさせていただきました。

地域活性化の鍵は農業振興と少子化対策。

多くの聴衆の方々が集まってこられ、
熱い声援をおくっていただきました。

皆さんのご声援にお応えできるように精一杯頑張ります。

Tags,

地域共生事業の推進

街頭演説@JA書写

曽左小学校近傍のJA書写前で、
地域の農業振興と学校給食、
少子化対策などについて1時間、
街頭演説させていただきました。

地域の顔役の方々も含め、
多数の方々が足を止め、傾聴していただきました。

地域からあついご声援をいただき、
私の政策に賛同して頂ける方が増えてきたことは、
日々の遊説でも大きな励みになります。

食彩蔵のような地域の核になる施設の整備をもっともっと進めてまいります。

アイスタイル 手柄地区早朝清掃活動

手柄校区で人に優しい住宅づくりをされているアイスタイルさん(井上社長)より、
毎月25日は地域の方々と協力して、
早朝から町の清掃活動を社員さんとされている、と聞いて、
朝7時30分から1時間、
私も清掃作業をお手伝いしました。

今月はクリスマスでもあり、赤い軍手で頑張りました。

現在、我が国は地域包括ケアという地域共生事業を推進していますが、
まさに地域に愛されるアイスタイルという会社は時代を先取りした卓越の地元企業と言えます。

私もしっかりと地域共生のシステムを公的にバックアップできる方法を考えていきたいと思います。

ライフサポートひめじ職員会議でのご挨拶

城東エリアで高齢者社会福祉を実践されているライフサポート姫路で、
福祉、医療、介護の連携と姫路の未来について、
現場ではたらかれている職分代表者の方々と意見交換をさせていただきました。

もっともっと医療と福祉の連携を強固にして、市民の健康をまもっていきます。

街頭演説@ヤマダストア前

花田町にあるヤマダストア前で、道行く方々、
お買い物終わりの方々に政策を訴えてまいりました。

多くの方々が足を止めて、
熱心に演説を傾聴していただきました。

地域の農業や商業の振興をもっともっと促進していきます。

Tags

播磨国の繁栄を願って

英賀神社献灯祭準備説明会でのご挨拶

旧社殿が解体され、来年に向けて社殿建設中の英賀神社ですが、
恒例の献灯祭が行われます。

今年は、360個の献灯を準備するということで、
自治会をはじめ各種団体の方々がおあつまりになり、
作業を行う前の始業のご挨拶をさせていただきました。

年の瀬、なにかとぶっそうですので、
皆さま、くれぐれもご自愛下さい。

廣峯神社絵馬奉納式典

姫路工業高校デザイン科が作成された亥の巨大絵馬が牛頭天王ゆかりの廣峯峯神社に奉納されました。

才能ある若者たちが3ヶ月以上かけて作成した美しい絵馬が、
境内に配置され、
平成最後の年の新春を彩ります。

播磨国の繁栄を願って、
姫路を見果たすことのできる広峰山から若者の描いた亥が駆け巡るイメージです。

弥栄なる姫路の発展のために、
広峰山を文化と歴史の中枢としてもっともっと発展させていきたいと思います。

北八代自治会餅つき大会

もうすぐお正月。北八代でも自治会や子供会が一体となって、
地域の餅つきイベントが行われました。

今年の労を労い、皆の平穏を確かめ合う、
そんな楽しい小春日和の餅つき大会でした。

私も2臼、つかせていただきました。

おかげで、翌日、ちょっと筋肉痛です。

日頃の運動不足を鑑みて、
もっともっと身体の鍛錬も必要です。

広畑地区街頭演説

私の支持が十分に浸透していない広畑区で、
しっかりとした人づくりからはじめる町づくりをして訴えて、
街頭演説を実施しました。

小雨がぱらつく悪コンディションでしたが、
多くの方々に傾聴いただき、また、演説途中に握手を多数求められるなど、
私の政策に強い関心を持って頂ける方がこんなに多数いるのだと、
感激しました。

もっともっと支援の輪を広げるために、
全市くまなく遊説してまいりますので、
よろしくお願いいたします。

Tags,

人づくりから町づくり

街頭演説 福沢町交差点

早朝の福沢町交差点で通勤通学中の皆様に街頭演説で政策を訴えました。

子どもたちが信号待ちで手を振って、
「もっともっと」学校を良くして欲しいと言われました。

今、選挙権がなくとも大切な未来の市民の声まで、
しっかりと聞いてまいります。

官民協働による地方創生都市実現フォーラム

聖徳太子の和の精神を学び、
地域創生を議論するフォーラムにご招待いただき、
来賓としてご挨拶、
また少子高齢社会における地域創生に対するコメントを述べさせていただきました。

多くのパネラーの多角的な視点で、
地域をどう発展させるか、
3時間にも及ぶ長丁場でしたが、
実りあるフォーラムでした。

企画の段階からお声がけいただいた森田理事長兼事務局長におかれましては、
心より感謝申し上げます。

そして、これから郷土愛を育み、
地域を誇りに思う教育も重要だと痛感いたしました。

もっともっと地域を深く掘り下げて、
八市八町の連携で、
播磨全体の地域創生を促進します。

谷内地区決起集会

谷内地区の皆様が年の瀬にもかかわらず多数お集まりいただき、
決起集会を開催していただきました。

大西連合自治会長はじめ松本剛明衆議院議員も応援弁士として駆けつけていただき、
力強い応援を頂戴しました。

ふるさと姫路のために、
人を大切にする「人づくりから町づくり」を推進してまいります。

引き続き皆様の温かいご支援をよろしくお願いいたします。

Tags,

持続可能性のある政策

富栖の里 施設見学

ホルミシス効果のある天然ラドン坑道で癒しの空間を提供されている安富町の富栖の里で癒し体験をさせていただきました。

近隣市町村だけでなく遠方から多数の方々が、
免疫力の向上を目指して来られておりました。

科学的な検証も重要ですが、
きちんとした前向き観察(コホート)には規模もお金もかかりますから、
かなり困難なこととなります。

今の段階では、リラックス空間という形で、
少しでも北部観光の目玉になればと思います。

現場主義の清元はもっともっと地域の特性を活かした地域振興に努めます。

富栖の里
〒671-2415 兵庫県姫路市安富町皆河字大河550-139
TEL.0790-66-4750
https://tomisunosato.net

ミニ集会@清元後援会事務所

事務所に訪れていただいた方々と、
ミニ集会を開催して、
特に少子化対策と町の未来について討論しました。

給食費を無償化することの弊害について、
食育の見地からも反対を述べさせていただきました。

給食費の無料化には、
消極的で財政面というよりも安全面で行いたくない旨、
きっぱりと主張しました。

安直な無償化によって安全が脅かされるより、
持続可能性のある政策によって、
子どもが生まれやすい環境を行政がリードしていくべきと思います。

清元はやるべきことは全身全霊をかけて行います。

一方、できないことは、出来ないと皆さんに納得してもらうまで、
しっかりと説明させていただきます。

街頭演説@山陽電鉄姫路駅前

姫路の私鉄である山電姫路駅前で通勤通学中の皆さんに街頭演説で姫路の問題点、これからの改善すべき政治課題など、
1時間、一生懸命に政策を訴えていきました。

多くの行き交う人が、
清元の骨太政策に賛同していただき、
激励のメッセージを残していただきました。

これからもぶれることなく、
もっともっと姫路を明るくする政策を訴えてまいります。

Tags,

ICT戦略と姫路の発展

継地区老人会ミニ集会

姫路姫路東インターから程ない継地区で、
地域の皆さんに

「人づくりから町づくり」政策を聞いていただきました。

子どもからお年寄りまで、
健やかな生活を安心しておくれる姫路市を作るための提案を、
真剣に聞いていただきました。

皆さんの声にもしっかりと耳を傾けて、
もっともっと人を大切にする政治を実行します。

東山地区老人会健康講話

東山地区の老人会でもっともっと健康に過ごすための秘策について、
健康講話の要望がありました。

認知症予防と生活習慣の改善、
冬になると多発する肺炎やインフルエンザの効果的な予防法を中心に、
もっともっと健康になる秘策を対話形式で楽しく意見交換もできました。

医療と福祉の充実は行政として行いますが、
病気にならない健康的な個々の体質づくりも重要です。

姫路に住んでよかったと、
実感できるまちづくりに取り組んでまいります。

街頭演説@イオンショッピングモール姫路大津店前

師走のお買い物で混雑しているイオンショッピングモール前交差点にて、
街頭演説をさせていただきました。

私の子育て支援、
教育環境整備政策、
医療安全政策には強い関心があるようで、
道行く方々より温かいご声援をいただきました。

少子高齢社会において、
姫路は人づくりから町づくりを推進していきたいと思います。

朝礼ご挨拶@ドコモショップ飾磨店

町に通信事業を展開するドコモショップで、
これからのICT戦略と姫路の発展、
新産業における人材確保政策など、
私の施政方針についてご挨拶させていただきました。

若い労働力確保は町に発展に不可欠です。

若者がワクワク感を感じることができる町をもっともっと作っていきます。

八代冨士才町防災の集い

年末年始の餅つき大会に先んじて、
地域の自治会をはじめとした各種団体が防災訓練として救命救急研修がありました。

元救急医療に携わってきたということで、
シュミレーターを使ったCPAとAEDデモを地域の方々とタッグを組んで研修いたしました。

医学生や研修医に教えることよりも、
心肺停止になった現場で、
ご家族や地域の方々が要救援者をいち早く蘇生に繋げていくことによって、
格段と生還率が上がります。

子どもからお年寄りまで連携した防災対策は健康都市姫路には欠くことのできない政策です。

講習会の後の餅つき大会は、
まさに絵に書いた餅ではない実質の伴う実りある地域のイベントとなりました。

Tags,

もっともっと夢と希望を語り合える町

街頭演説@JR余部駅前

吐く息も白い、底冷えのするJR余部駅前で街頭演説を行いました。

子どもからお年寄りまで、
安心と安全を担保できる姫路について、
出勤、通学途中の皆様に訴えていきました。

多くの方からご声援いただきありがとうございます。

一人でも多くの方々に私のもっとを聞いていただけると幸い。

姫路商工会議所青年部OB ミニ集会

商工会議所の若手経営者の方々と、
経済活性化についてホットな討論会となりました。

例えば、インバウンドの増加と呪文のように唱えても、
宿泊をしてくれる観光客が急増するわけではありません。

具体的かつ実現実効性のある政策を皆さんと一緒になって進めていかねばなりません。

10年先を見据えた町の将来像まで踏み込んだ実りある議論ができました。

若者が魅力を感じ、
もっともっと夢と希望を語り合える町を作っていきます。

兼田地区老人会ミニ集会

市川のほとりにある兼田地区で、
地元の強い希望もあって、
ミニ集会で兼田地域の未来について語り合いました。

糸引小学校までの通学路問題、
市川流域の洪水対策、
交通渋滞と道路インフラの脆弱性など、
喫緊の課題から中長期改善目標も含めて地元の方々のご苦労と未来に対するご不安がよく分かりました。

みなさんがもっともっと夢と希望を持てる町の再開発に取り組んでいきます。

街頭演説@国道2号線天神前交差点

朝晩の冷え込みが厳しくなってきた師走の国道2号線の交差点で、
街頭演説を行いました。

この天神前交差点を南に行けば、
新しく建設される県立医療センター予定地です。

救急搬送路と渋滞緩和を考慮した都市計画道路網の整備や見直しも重要です。

清元は現場主義ですから、
駅前だけでなく姫路をくまなく巡りながら街頭演説で政策を訴えてまいります。

カラオケ喫茶「さくら」北原店ミニ集会

カラオケは生活の潤い、
愉しみを感じるだけでなく、
呼吸機能と認知機能を高める健康法としても認められています。

生涯現役政策の中で、
もっともっと健康につながる活動を応援していきます。

Tags,

地域の歴史

北原町ふれあい喫茶

北原町のふれあい喫茶で、お話をさせていただきました。

地域のさまざまな問題についてご意見を頂戴しました。

小学校までの通学路が狭く、
危ないこと、バスの本数も少なく交通の便が悪く、
地域が切り離されて住民が減っていることなど、どれも切実な問題でした。

しっかりと調査研究を行い、
地域の方々の問題を解決できるように、精進してまいります。

深志野新蕎麦祭り

黒田官兵衛に所縁の深志野で、
官兵衛新蕎麦を食する町おこしイベントがあり、
地元の皆さまにご挨拶させていただきました。

山を越えた清住村の方々と昔から交流があり、
楽しいイベントとなりました。

地域の歴史をもっともっと掘り起こして、
地域振興に努めます。

歌摘(かつみ)感謝祭@北部市民センター(夢前町)

年の瀬が迫ってきましたが、
カラオケを愛する北部の皆さんが集う感謝祭に、
ご挨拶に上がりました。

カラオケなど歌を唱うことは、
健康寿命を大きく伸ばす効果があり、
認知症予防にも有効です。

松本たけあき衆議院議員、
石堂だいすけ市議会議員とともに歌を歌わせていただきました。

将来は姫路をカラオケ文化の聖地となるようなカラオケ選手権大会を開催できればと考えております。

船津地区ミニ集会

底冷えのする北東部、
船津町で有志の方がミニ集会を開催していただきました。

地域振興はやはり大きな討論テーマです。

病院の誘致、農業の振興、
地域交通網の構築、少子化問題、空き家問題、
多岐にわたる問題が山積みです。

耳に優しい美辞麗句を並べても、
問題は解決しません。

実現性が乏しいことには、
厳しい現実をお伝えするしかありません。

それでも、真剣に前向きに、
皆さんが納得する解決策を模索するにが政治だと信じています。

皆さんのもっとをお聞かせ下さい。

Tags,

皆さんの町にもお邪魔させてください。

街頭演説@今在家交差点

師走の慌ただしい出勤ラッシュでしたが、
今在家交差点で街頭演説演説をさせていただきました。

車窓からの温かいご声援、
通勤中にわざわざ足を止めて傾聴していただいた老夫婦からは、
激励のメッセージもいただきました。

姫路の駅前だけで街頭演説をするよりも、
地域のことをしっかりと把握するためにも、
いろんな場所で街頭演説を行なっています。

皆さんの町にもお邪魔させてください。

奥山地区老人会健康講話

高齢者の一番の願いは健康長寿の実践です。

体幹を鍛える体操やストレッチ運動の後、
健康にご興味のある奥山地区の方々に、
血管を柔らかく動脈硬化を防ぐ方法、
アルツハイマー型認知症の予防法、
肺炎の予防法など、
実践的な医者いらずの秘訣を講話いたしました。

私の科学的な健康講話、
また機会があれば是非聞いてください。

歌声喫茶コーヒーローストでのミニ集会

地域で歌を楽しむサークル活動の後、
清元の政策を聞いてみたいというご要望にお応えして、
コーヒーローストさんにお伺いしました。

伸びやかな皆さんの歌声に心も軽く、
楽しいミニ集会となりました。

私の教育政策と文化振興策に多くの期待とご賛同をいただきました。

もっともっと楽しい姫路にしていきます。

Tags,

町の健康活動

北原地区健康講話

いきいき100歳体操を取り組まれているサークルで、
健康長寿の秘訣を先人の教えから解説いたしました。

病気の人を救済することも重要ですが、
病気にならない健康支援事業をもっともっと応援していくことも大切です。

野里三町老人倶楽部健康懇話会

野里地区の健康イベントに招聘され、
健康増進のための懇談会を開催しました。

地域で健康維持に気をつけられている方々にとっては、
認知症の予防に強い興味があるようでした。

皆さんが笑顔で参加できるサークル活動が一番の認知症予防につながります。

町の健康活動をもっともっと応援していきます。

城見公園での街頭演説

姫路の象徴、姫路城の前で、
通勤、通学の皆さんに私の政策を聞いていただきました。

沢山の方々に聞いていただいてるので、
小雨が降っても、街頭演説はやめません。

雨の中、熱心に耳を傾けていただき、
本当にありがとうございます。

ヤスダ産業株式会社終礼ご挨拶

町の自動販売機を維持管理されているヤスダ産業の従業員の方々に、
「人づくりからまちづくり」の政策をお話しさせていただきました。

働く労働者を支援し、
子育てや地域貢献への手厚いサポートから、
ものづくりの町、
姫路をもっともっと健やかに成長させていきます。

元気いっぱい働くヤスダ産業の皆さんと、
堅い握手で契りを交わしました。

ヤスダ産業株式会社
〒672-8023
姫路市白浜町甲841番地の34
FREE.0120-56-4832
FAX.079-245-3509
http://v-ys.jp

Tags,

【特報】連合兵庫姫路地域協議会様より推薦書を頂きました。

連合姫路より推薦を受けました

かねてより申請しておりました連合からのご推薦を頂戴いたしました。

過日、私の政策について、
連合の三役はじめ幹事の方々に聞いてもらいました。

そして、これまでの私の行ってきた行政経験やこれからの市政に対する姿勢と志に、
強い共感とご賛同をいただきました。

私の目指す「人づくりからまちづくり」は、
労働者を守る政策としても合致するものであり、
自分の目指す政治の源流を共有できると思います。

これからは、連合推薦候補として、
恥ずかしくない政治指針を示していきますので、
よろしくお願いいたします。

※新聞に掲載されました記事の画像は掲載してはいけないとのご指摘をいただきましたので画像を削除させていただきました。(2019.01.26後援会事務局)

Tags

もっともっと明るい姫路の未来を提言

子育て世代の女性の会とのミニ集会

地元である手柄小学校の子育て世代の女性たちと、
ミニ集会で意見交換いたしました。

若い女性の関心事は、少子化対策や子育て支援。

さらに、地域の安心安全な通学路の確保など、
やはり生活の中で感じていらっしゃる不都合を、
打開してほしいとのご依頼も受けました。

子育て世代の支援をもっともっと進めていきます。

社会福祉法人清住園訪問

ふるさと清住にある養護老人ホームに
来年の夏(7月)にある参議院議員選挙に
立候補を予定されている高橋みつおさんとご挨拶に行きました。

元外務省のエリート外交官である高橋さんと連携して、
姫路の更なる活性化を目指しています。

東生会清元応援する有志の会

姫路東高同窓会(東生会)の有志の方々が、
清元の話しを聞いてみたいと、
集会を開催していただきました。

非常に見識の高い方々が、
様々な角度からご質問をいただきました。

十分に答えられなかった事もありましたが、
皆さんの思いをかなえていくためにも、
もっともっと明るい姫路の未来を提言いたします。

Tags

女性の目線から

雨中の街頭演説

土砂降りでしたが、高尾町交差点で街頭演説を行いました。

雨にもかかわらず多くの方々の熱い声援を受けて、
いつもより長時間、街頭で政策を訴えました。

きんでん姫路支店 朝礼

町の暮らしを支える電気事業を担うきんでん姫路支店で、
皆様に朝礼でのご挨拶をさせていただきました。

震災の時、真っ暗な町に明かりがついた瞬間の喜びを思い出しました。

いつものように、そして、
あたりまえに電気を使っていますが、
町のインフラを支える多くの努力にもっともっと敬意を払わなければなりません。

街を支えるDecent Workerをもっともっと応援していきます。

株式会社 きんでん 姫路支店
 姫路市安田4丁目133番地
TEL.079-288-3210
http://www.kinden.co.jp

ミニ集会@青山

青山の霊法会集会場でミニ集会を開催しました。
地域の方々の医療や福祉のご不安を少しでも解消できるような行政に期待が寄せられました。

もっともっと健康寿命を延ばして、
姫路を健康都市として世界に発信します。

ミニ集会@自照庵

尼寺を改修した自照庵で女性サークルの方々とミニ集会を開催しました。

地域医療の充実や少子化対策など、
女性の目線からたくさんのご提言をいただきました。

姫路は女性が活躍しやすい町として、
もっともっと男女共同参画事業を応援していきます。

Tags,

地元の文化をもっともっと発掘

ゆめタウン姫路 オープニングセレモニー

中四国では超メジャーなショッピングモールの開所式に行きました。

香川大学時代にはよく家族でゆめタウン高松で一日を過ごしたこともありました。

姫路の新たな賑わいになる事を願っています。

もっともっと便利で豊かな姫路を作っていきます。

もっと健康、清元ひでやすのチャレンジ講座@サキナ会議室

これまでの私の経験とこれからのふるさと姫路の未来について、
参加者の皆さんと熱くトークしました。

多くの参加者が、姫路の救急医療に対するご不満を持たれていました。

もっともっと安心な医療体制を整えます。

未年生まれ二人展

陶芸と能面を極められた未年生まれの作家さんの展示会にお邪魔しました。

古民家を改造したカフェの二階で、
幽玄美溢れる作品を鑑賞いたしました。

地元の文化をもっともっと発掘して、
姫路を文化の町にしていきます。

Tags,

豊かな心を育む工夫

ふれあい農産物フェア@飾磨

地域の産直では、地域のさまざまな世代の方々の声を聞くことができます。

若い子育て世代に二人目、
三人目のお子様を産み育てていただくには、
行政として何が必要か直接お話を聞かせていただきました。

十人十色といいますが、
やはりそれぞれのお考えを聞かせていただく中で、
行政を含む政治への不信感があることが最大の問題点と思いました。

政治や行政経験が豊富であればあるほど、
しがらみの中で大胆な政策が取りにくくなることもご指摘いただきました。

しっかりと市民の声を反映できる政治を進みたいと思っています。

車崎南交差点街頭演説

出勤途中、通学路で道行く市民の皆さんに私の政策をお話いたしました。

足を止めてお聞きいただいた皆様、ありがとうございます。

ご声援を必ず形にして、実現していきます。

別所まるやまこども園 訪問

今年4月開園の別所まるやま子ども園を訪問し、
人口増加エリアの保育の実態を見学させていただきました。

豊かな心を育む工夫、
地域の子育て世代の信頼を受ける理事長始め職員の方々の現場のご努力に心うたれました。

明るい子どもの笑顔は元気の源です。

未来の姫路のためにもっともっと子どもの知育環境を支援していきます。

Tags,

現場で使えるマニュアルづくり

西播地区臨床検査技師研修会

休日にもかかわらず姫路赤十字病院の会議室で災害時医療の研修会があり、
特別講義をさせていただきました。

災害救急医学の専門家として、
現場で地域医療の再生と防災体制の構築に奔走した話など、
1時間、皆さんに講演させていただきました。

防災を机上の空論で論じるよりも、
現場で使えるマニュアルづくりをしてきた私は、
この播磨の救急医療体制を含めて、もっともっと変えていかなければならないと感じています。

私の講演に耳を傾けていただいた現場の臨床検査技師さんをはじめとする医療関係者の方々に心から御礼申し上げます。

光工業(株)の皆様へのご挨拶

地域の産業基盤を支える光工業の職場にご挨拶に伺いました。

ものづくりの現場でお困りのことは、
人手不足。

外国からの移民を国として法令改正が議論されておりますが、
ものづくりの町、姫路では移民問題も重要ですが、
まずは女性や高齢者も含めて出来るだけの労働人口確保は重要な政治案件です。

これからの姫路には人づくりからものづくりに取り組むなければいけません。

もっともっと働く人を応援していきます。

光工業株式会社
姫路市大津区勘兵衛町4丁目34-2
TEL.079-239-6100(代表)
FAX.079-236-6604
http://www.hikari-kk.co.jp

もっと健康、もっと人生チャレンジ講座@サキナビューティサロン

若い女性が活き活きと働くサキナビューティサロンで、
これまでの私の生き方と幾多の困難を乗り越えてきたチャレンジャー精神の持ち方について、
ミニ集会で意見交換をさせていただきました。

離島診療に明け暮れた若い日々、
苦学生だった事の思い出、
厳しい留学体験、
震災の時の救命救急医としての辛く悲しい仕事、
避難所回りと町の復興に走り回った日々、
内閣官房直下のAMED調査役としての役人として中央で働いていた時代のことなど、
波乱万丈ながら逃げずに真摯に仕事に取り組んできたことをお話しいたしました。

誰しも人生には大きな転機が訪れますが、
ぶれる事なく筋だけは一本通すことの重要性をかみしめています。

私はこれまで、常に人の命を第一に考えて行動してきました。

これからももっともっと精進していきたいと思っています。

ミニ集会@カーボ商会

お仕事終わりのお疲れのところに、
ミニ集会を開催していただきました。

壮年男性の一番の懸念事項は産業振興と道路交通網の整備です。

もっともっと便利な姫路にしていきます。

(有)カーボ商会
兵庫県姫路市田寺6丁目11−30
TEL.079-295-6556

Tags,

餅つき大会

三世代ふれあい勝原地区グランドゴルフ大会

子どもから年配の方まで、
性別も関係なく楽しめるのがグランドゴルフ。

体幹を鍛えて、
笑顔の交流が地域ぐるみの健康増進につながっていきます。

来賓の皆さまと始球式をさせていただきました。

地域の交流イベントをもっともっと盛り上げていきます。

網干豊年祭り

網干の婦人部の方々が中心となって、
餅つき大会が開催されました。

薪を焚き、蒸籠でもち米を蒸し、
杵と石臼で昔ながらの餅つきです。

わたしも久々に杵を振るってみましたが、
へっぴり腰で叱られました(T . T)それでもなんとか餅をつけたので、
あんこ、きな粉、おろし大根のつきたて餅に舌鼓を打ちました。

地域の炊き出しは最大の防災訓練です。

もっともっと地域交流イベントを応援していきます。

ふるさと花の名所づくり大会@糸引校区

子どもたちと自治会、老人会の皆様が集い、
花いっぱいの地域を作るイベントに参加しました。

地域が綺麗な花に囲まれるように、
世代を超えて協力して町を綺麗にする活動をもっともっと応援していきます。